2006年04月02日

喫煙と血液循環

先日、トラックバックしていただいたはじめの一歩:卒煙へ向けてさんの記事に案内されているリンク先に行って見ました。

外国のHPですが、タバコがもたらす循環器系の病気、
足の指など末端に血液が行かなくなり、壊死してしまうことがあるそうです。その女の方は、結局足首から切断したんだそうです。
それからタバコを止めていました。その間はそのまま推移したのですが、
またタバコを吸ってしまった、すると、程なく、残された足の指先が壊死して切断せざるをえなかったのだそうです。タバコを止めると壊死は止まり吸うとたちまち始まるので、タバコが原因という事は明確なのですが、止めることが出来ないのだそうです。医師は
「もう勝手にすればいいよ。次にきたときは手を切る事になるでしょうけど」と言ったのだそうです。
それでようやくその女の人はタバコを止めたのだそうです。
この例は、外から見て解る足などですので怖く思うのですが、一般的には目に見えない体の中で起こっていて、気が付いた時は、手遅れと言う事もあるんですね。

私、すごく、彼女の気持解る。。。責めれない。何者にも上回る吸いたい気持。それがタバコだよね。


そしてそのHPの筆者は
「禁煙を今しなくては、貴方の禁煙に対する強い意志を見せる機会は訪れないかもしれません。」と言っています。

また、「一旦禁煙できたら、それを継続するようにできること全てを行いなさい。次回禁煙をしようと思っても、その意欲や、意志の強さ、また最も大切な機会がないかもしれません。」と言っています。

私はタバコを吸わなくしてもうすぐ一ヶ月になります。
どうか、私が決断した今回の卒煙が私の体のどこかを蝕んでいるよりも早かったのでありますように。


参考URL[喫煙と血液循環, by Joel Spitzer]
posted by トマト at 20:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | タバコを吸わない
この記事へのコメント
先ほどはコメントどうもでした。
今回の記事を読んで、素直にこわいな・・・と、思いました。
それと、この紹介されているHPの筆者さんの言ってられるとおり、1度禁煙をさせる事が出来た方は、とにかく、なんとか継続してほしいと切に願います。
私は何度もコケているから、この方のいう、次回云々の箇所に、すごく説得力を感じます。だから・・・
トマトさんの決断はきっと、トマトさんの体に届いているですよ!!私はそう思います。
Posted by ひねもす小町 at 2006年04月02日 23:04
手足が壊死していくって、本当に恐ろしいことですね。
トマトさんがおっしゃっているように、目の見えないところで、恐ろしいことが起こっていたらどうしようかと思います。

先日私は胸の痛みを訴えたとき、本当に不安になりました。

折角禁煙したのに、手遅れだったのか??
※当時いろいろコメント・アドバイスしていただき本当にありがとうございます。


まだ検診にはいってませんが、あの後ウソのように治ってしまったし、痰もでなくなったし、どんどん体の調子がよくなっているのを感じているので、やっぱり禁煙してみてよかったと思ってます。

>ひもねす小町さん
あきらめずにがんばりましょう!絶対成功できるから・・・。
Posted by ばらまつ at 2006年04月03日 00:29
ひねもす小町さん。
コメントありがとうございます。今回のリンク先のことは、いつも見て知っている足の画像だからですよね。肺の黒くなっている写真は今までも見たことが有りますが、実際にこれが良い肺ですといわれても、それは見たことが無いので実感が湧かないんだと思います。これからも一緒に頑張りましょうね。



ばらまつ さん。
先日はさぞかし怖かったことでしょうね。
間に合わなかったのかと怯えた事だと思います。でも、本当に回復してよかったです。
どんどん体の調子がよくなっているんですもの、だいじょうぶでしょう。ヾ(@~▽~@)ノ♪
Posted by トマト at 2006年04月03日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。