2006年02月28日

眼底検査と視野検査

前日、曇ってたら来て下さいと言われてんですが、やはりそんなに悠長な事も言ってられないですよね。眼底検査に行って来ました。
幸いにも曇り勝ちの日でラッキーです。

9時10分頃着いたのですが、まだ始まっていなくて驚きました。
9時半から始まって、最初に視野検査というのをやりました。同じ一点を見つめていて、視野内に光の点が見えたら、ボタンを押すという物です。光の丸の大きさや強さを変えて何回もやりました。見えたので押すと、「は??い(~▽~*)ノ」と優しく応えてくれるんですが、、、もう出てる頃だと思って押しても騙されるかな?でもちょっと時間が空くので捜してしまうと。「真ん中見ていてください」と言うので、穴の向こうから私の目を見ているのでしょうね。。。。視力が極端に劣る左目の方でも、視野という点では全く問題ありませんでした。30分近くかかり、飽きましたヾ(´▽`*)ゝ エヘヘ

その後、眼底検査の瞳孔を開く目薬を3回指しました。
不安で、待合室の人に経験あるか、どうだったかなど質問してました。
だいだい2時間くらいで元に戻るという事でした。

だんだん真っ白になってきて、遠くが見えなくなって来ました。
眼底検査自体は、短い時間でした。凄く明るい光に包まれている間に終了です。その場で検査の結果を話してくれました。
「今のところ、問題は見受けられないし視野も満点です。
一時的に見えなかったことについては、一時的に血流が悪くなった事が考えられるのですが、今、流れている時に脳の方の検査をしても、それは、見出せないと思うので、食事等で血液さらさらになる物など気をつけていったらどうでしょう?勿論、血圧などは大丈夫なんでしょ?」
私「血圧、測った事有りません」

医者もびっくり。。。いまどきこんなに無頓着な人いませんでしょ。

さて、こんなに真っ白な世界をどうやって家に帰る?

トテモ不思議な事に、眼鏡を掛けるとよく見えるのです。
普段は眼鏡のありがたさをそう感じることはないです。そりゃぁ、はっきりはするとは思うのですが、車の運転が出来ないほどではないと思うのです。
目が悪いと言っても、免許更新の為に行う目の検査官が、めちゃくちゃ怒りまくるほど、たいしたことはないと思っていました。
車も見えます。人でも猫でも飛び出してきたら解ります。そりゃぁ、蟻の子が横断しているのは見えないかもしれませんがね。

ところが今日のこの眼鏡のあるとないの差はどうでしょう?
これほど、真っ白な世の中が眼鏡を掛けるとよく見えるという体験は初めてです。
曇っているので眩しくは無いのですが、霧の世界の中を家に帰りました。
こんなんでよく皆、運転して帰りますよね。

私が、視力がすっかり元通りだと感じたのは、なんと9時間後でした。
元通りになってホントに良かったですが、もしや、このままではという不安を抱くのに充分の時間でした。







posted by トマト at 23:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | TIA
この記事へのコメント
こんにちは。
この眼底検査、自分は嫌いなのです。
まぶしくてまぶしくて、もう目が開けてられない。ここ3年くらいは眼科の受診はしていないのですが...調子が良いとあまり行きたくないですね。病院は。その後、目の調子は大丈夫ですか?
Posted by サト at 2006年04月05日 13:07
眼底検査やったことあるんですね。
私は初めてだったのでびっくりしました。
その後調子は変わっていません。ありがとうございます。
この間サトさんが教えてくださったか鏡の法則に書いてありました。
「訳があって事が起こる」でしたっけ?
私にタバコを止めるように、何かが私に知らせてくれたんだと思います。こんなラッキーな人はそういないかもしれませんね。
Posted by トマト at 2006年04月05日 16:59
あの話、自分もまだ何回か読み返すことあります。鼻水垂らしながら号泣したのは最初だけですけど...(笑)
そうだと思います。いろいろなことって、偶然ではなく、実はワケがあって起きる。でも、それにきちんと気づけるかどうかは自分次第なんでしょうね。だから、それに気づけない人もいる。
トマトさんは気づいた人ですよね。自分も気づいた人?そう願いたいです...
Posted by サト at 2006年04月05日 18:39
私は、サトさんは気付いた人だと思います。
今回の禁煙をするのにBlogを新しく立ち上げたという事も、運命を感じます。その時は何となくと思っていたんでしょうが、後ではきっとその意味が解るような気がします。

私たちは、切羽詰っている点でもうひとつ似ている点が有りますよね。それは家族に先を越されたという点です。
この思いもかなり気持を後押ししてくれたと思いますよね。
Posted by トマト at 2006年04月05日 21:20
>それは家族に先を越されたという点です。
これは本当に切羽詰ることですよね。
自分も主人の家族にはタバコを吸っていることは伝えてなかったんです。別に悪気はなかったのですが、もともと持病があり、義母に心配をかけたくなかったんです。トマトさんも秘密にしてたんですよね。
本当にトマトさんのお話には共感することが多いんです(ご迷惑でなければいいのですが...)。トマトさん、今までの経験をまとめていらっしゃるんですね?ちょっと読んじゃいました。
Posted by サト at 2006年04月05日 22:11
男女平等とは言え、やはり女のくせに
ということが有るって言う事は自他共に認めざるを得ないですよね。
ですから、やっぱ言いずらいですよね。
言えばなんでもないことかもしれませんが、
言わないでいると、それを隠す為にたいへん、
でも、きっと匂っていたんでしょうねぇ。
恥ずかしいですねヾ(´▽`*)ゝ エヘヘ

>経験をまとめて。。。。。
ヾ(>▽<)oきゃはははっ!
まとまったら目立つようにリンクしようと思っています。

Posted by トマト at 2006年04月06日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17833047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。