2006年02月27日

診察

きょうは、診察に行っってきました。
初めはやはり、脳神経外科に行った方が良いのかと思って、赤十字病院を調べていたんですが、私の地方では、かかり付けの医者という物を持ち、そこで先ず診断をしてもらい、そこから赤十字病院に紹介状を書いてもらって、診断を受け、処置後はかかりつけで診て貰うということになっているようですが、これは全国的なことなのでしょうか?

勿論、緊急で救急車を呼ぶ場合は、別ですが、今回は、多分、
「一過性脳虚血発作(TIA)」と想われ、これは、過ぎてしまった今になっては痕跡は見つけることが出来ないらしいので、とりあえずかかりつけに行って見ました。

とても、我が家では信頼しているかかりつけです。
一言で言うなら
「医者の顔を見ただけで治る」
という感じです。

先生に色々教えていただきました。一過性脳虚血発作(TIA)のことも聞いてみましたが、
一個の症状で(片目が一時的に見えない)意識がなくならないというのは今まで診たことはない。そうではないとは言い切れないが、先ずは眼科の診察を受けてみたらどうか?脳外科に行っても、痕跡は見つけられないと想うけど、眼科的には証拠?が残っているかも知れない。
とのことで、、、、明日?と聞いたら
「今日行けばいいじゃん」

という事で、眼科に行きました。
お客さんきましたよー。。ってんで、
私も運転以外には使わない、眼鏡を掛けて入っていったんですが
眼鏡をはずさせ、視力の調整、、、いつ眼鏡を作ってもいいって感じに、あれこれ
レンズを取替え視力がわかりました。
左、1.0右1.2までの眼鏡は作ってくれるそうです。

@あーちょいと、すんまへん
なにをしてはるんだす?一時的に目が見えなかったことは何だったか言うておくれやす。@

ヾ(´▽`*)ゝ
ここまでは、先生に診て貰うための下準備だったんですね。
その後、先生に診察してもらいました。
経過を詳しく話し、眼圧を見てくれました。眼圧に異常は無いとのことです。
今日でも明日でもいいので診察開始の早い時間に来て、眼底検査をしてくださいとのこと。
この検査は、4.5時間の間まぶしいのと、近くの物が見えないという状態が続くのだそうですが、そのさなかにサングラスをかけて
家に、運転して帰るんだそうなので、運転は出来るんですね。。。なんのこっちゃ??

あまり詳しく聞くので、煩がられてしまいました。

受付に行くと、曇りの日のほうがいいですよ。とのこと、かなりまぶしいのでしょうね。
なんだか気が重いです。
雨が降ったら来ます。と答えたのですが、そんなに呑気な事も言ってられないと思い直し、
しかも、午後からでは眩しさが夕方まで取れないといけないので、
明日、一番に行こうかと思っています。

還ってからネット検索
眼底・眼圧検査って?-healthクリック

眼底の血管は外から直接見る事のできる唯一の血管。眼底検査では眼球の奥の、網膜や脈絡膜、血管・視神経の出入り口を観察・撮影する事が可能なのだ。そこに現われる症状から網膜剥離、視神経疾患、糖尿病性網膜症、くも膜下出血、硬膜下出血はもちろん、脳腫瘍、動脈硬化、高血圧症なども発見できる。
特殊な検査眼鏡を用いて、眼球の奥をのぞく方法が一般的。散瞳薬(さんどうやく)を用いずに眼底撮影をする場合などは、どちらかというと、眼球の病気だけでなく、内科的なチェックをしていると考えてよい。



---
眩しいってことは散瞳薬(さんどうやく)を使うということかな?
色々な事がわかりそうですね。
posted by トマト at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | TIA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17833045

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。