2006年04月27日

時々辛い一人での戦い

私は専業主婦で家に居ます。
主人は2年半位にたばこを止めました。
家の中には全くニコチンっぽいものが無くなってしまいました。

もう全く大丈夫のはずなのですが、
恋しさは去りません。

何か行動を起こす時、吸っていた煙草、
何かしていて一息入れたいと思って立ち上がって
「煙草。。じゃないんだよな。。( @~□~@)=3 はふぅ」
こんな口に何かを与えて、座る。
でも、満足しないんですよね。

出先から家に帰ろうと思うとき。
「家に帰ったら煙草吸おう」
と思ったものだった。
でも、もう家には煙草がないんだな。。寂しい

朝。目が覚めて煙草を吸ったものだった。
その後、コーヒーだもんね。
それでいろいろな事をバリバリとこなしていたんだもんね。
このような記憶や習慣がなかなか去っていきません。

先に止めている主人は、多分私が吸わなくなったことには余り気が付かないような気がします。
逆に家の中で誰かが新しく吸い始めたら、元喫煙者としてはすぐに気付くような気がしますよね。

ひとりで居るのがほとんどの私は
一日中、記憶や習慣と闘う羽目になります。
会社などに行って、人と接する時間がたくさん有る人がちょっと羨ましいです。知り合いから自分が煙草を吸わないように暗黙のうちに見張ってもらえるんではないかと思います。

でもこれは私の独りよがりな悩みですよね、副流煙を吸わざるを得ない人のほうが100倍辛いに決まっているのに。。。。。。



posted by トマト at 11:01 | Comment(7) | TrackBack(0) | タバコを吸わない

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。