2006年04月18日

悲哀の仕事

JR福知山線脱線事故からもうすぐ一年ですね。
ニュースによると、
大切な人を失った人がようやく現場を訪れたり、どの場所に座っていたのかを調べ始めたらしいです。
この人たちにとって、今まではどうしても、事故が信じられない事だったのです。


私たちが大切なものを失い、それを受け入れるまでには、
ある一定の過程を辿らなくてはならないそうです。
失うものは、大切な人の死だけではありません。
他人にはなんでもないことでも当人にとってかけがえの無いものの場合が含まれます。名誉や地位、お金や家、環境、そして体の一部又は全て(死)などです。

人間は自分を生かす為に次の段階の「認める」ことをしようとし、その後に悲しみに至ります。
そして最後に諦めて受け入れ再構築します。
これは心理学者のフロイトと言う人が創始者であるという「悲哀の仕事」と呼ばれている事だそうです。

「悲哀の仕事」は人によって、その必要時間が異なりますが大体1年から10年くらい掛かるそうです。

私たちが止めようと決めた「タバコ」も実は対象喪失に当たります。
タバコを吸わない人には信じられないでしょうが、本当に私たちは愛していました。タバコを失った心の穴は以外と大きいですよね。
タバコを失って悲しいと、自分の心に真っ向から立ち向かっていかないと
何時までも「悲哀の仕事」が終りません。
それを妨げているものの一つには逃げがあります。
他のもので誤魔化すこと、またそんなことは全く自分には辛くないと強がるなどです。

小此木啓吾先生の名著対象喪失―悲しむということ
によると、
辛くてもちゃんと見極めて認めて嘆き悲しみそして受け入れていかないといけないそうです。
「悲哀の仕事」が終らないままに放っておくと自分でもそれと解らないうちに心の奥底に蓄積されてしまうそうです。(うつ病など)


「悲哀の仕事」を完了させる方法のひとつは
  • 泣くです

  • タバコのことを思って泣くのでなくても、悲しいドラマなどで涙を流す事も有効だそうです。

    もう一つは
  • 「投影同一視」

  • これは同じようなことを背負った人に同情し共感し、悲しみの解決を助ける営みを通して、自分をも助ける。
    と言ったもので、私たちがBlogを通してやっている事は正にこれですよね。

    Blogがタバコを止めるのに役立っている訳はこんなところに有ったのですね。
    みなさん、これからもどうぞ宜しくお願い致します。ヾ(´▽`*)ゝ


    posted by トマト at 13:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | タバコを吸わない

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。