2006年04月03日

泣けました

昨日に続き、はじめの一歩さんのご案内のHPを読ませていただきました。

禁煙できないのか、しないのか
を読んで凄く泣いちゃいました。

あらすじ

子供が小さかった時、いつも母親にタバコを止めてくれるようせがんでいた。母親は「止めたいけれど止めれないんだ」と何回も何回も答えていた。
子供は大きくなって喫煙者になった。ところが母親は肺癌になって、後2ヶ月の命と解った。母親は子供が自分と同じ道を歩まぬように願い、たばこをやめるように言った。すると子供は「止めたいけど止めれないんだ」と答えた。その言葉は誰が教えたのか思い当たる。
母親は死ぬまでに子供に教えた間違いを訂正しなければならないと思った。
残された命はわずかしかなく、今禁煙しても命が助かる訳ではない、でも母親はタバコを止めた。自らの行動で「止めれないのではなく止めなかったのだ」と証明したのだ。それを見た子供はその時からタバコを止めた。
母親はしばらくしてこの世を去ったのですが、間違えた教育は訂正された。

というようなものです。

もし、私だったらこんなに強く最後を迎えられない気がします。
のた打ち回って、可哀そうな自分の為のみに涙を流し、全てを呪うでしょう。




posted by トマト at 15:13 | Comment(9) | TrackBack(0) | タバコを吸わない

6.Blogの力を借りよう

さて、ここからが、Blogの力を借りる時です。

タバコをやめようと決心して、何日が吸わないでいます。
でも吸いたいです。吸いたくてたまりません。
もう、頭の中は吸いたいという文字ばかりが躍り狂っています。
最初の止めたいきもちや決意などもう、何処に行ったか、解りません。

もう、いいや明日からまたやろう。これじゃ自分が可哀そうだ。

となった時

ちょっと、待ったー

ここでおもむろにBlogの管理者ページを開き、今の気持を書きます。
どんなに吸いたいか。タバコはこんな時どうしてくれたのか。
タバコの想い出をいっぱい書きます。だから、吸いたいんだよ。等々。。
思いっきり書きます。震えながら、書きます。

ちょっと、待ったー
次にタバコをどうしてやめたいか、BlogのTOPに掲げてあることばを見ます。
そうだ。タバコは、駄目なんだよな。臭いんだよね。。
どんなに悪い噂があるか、だれでも知っていますよね。
そのことも書きましょう。

ちょっと、気が落ち着いてきます。
書いている途中で、始めの頃の苦しい気持を読んでみます。
あんなに苦しかったんだ。。。。。


「書く」という事は訳の解らなくなっている頭の中を整理してくれます。
私は、試験勉強で書いて覚えるということが有効的だったことを思い出します。買い物をメモしたものは頭の中に入り、忘れず買って来れます。

この書いたところがBlogですから、訪れたお友達が読んで共感し励まし応援してくれますよね。

みなさんに助けられて一日、カウンターが伸びたら、
おめでとう、よくがんばったね。と自分でも自分を褒めましょう。
ほんとに凄い事だよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。