2006年03月30日

三週間過ぎて思うこと

タバコを吸わなくなって三週間が過ぎた。
実は「吸わない初日」は2月26日だったのです。本来なら、めでたく一ヶ月を過ぎているはずなんですが、
10日目(3月7日)にとんだ失敗がありまして、三週間をやっていますヾ(´▽`*)ゝ
どんなに頑張っていても、突発的なことがあったとき、かつて自分を慰めてくれたタバコに戻るという事があるそうです。
タバコを止めて何年も経っている人が、家族の死に直面した時、吸ってしまったんだそうです。
後では「吸っても生き返らなかった」と至極当たり前のコメントをしているのですが、吸えば実際に生き返ると思ったわけではないと、私たちには理解できる経過ですよね。そのままその方は元の喫煙者になって行ったそうです。
私も、やってしまうかも知れないと思うのです。
それが一生続くのかと思うと自信がありません。

。。。。。普通の人はこの辺で、こうゆう良いことあった。。って書くところですよね。。

~~┗─v(*゜・^)。o○。o○良かった事○o。○o。(^・゜*)v─┛~~

・タバコのためだけの買い物に行かなくてもいい。
・頭がずきずきしなくなった。
・手が痺れなくなった。
・空気が凄く美味しくなった。
・肌がすべすべしてきた。
・眉間の皺が薄くなった。
・血圧が正常になった。

書き出してみると結構良い事有るんですね♪

こうしてBlogに書くことはタバコを吸わないようにするために、本当に役立ったと思うし、もしこのBlogを立ち上げて皆さんに助けてもらわなかったら、絶対今日の日を迎えられなかったと思うのです。((゜-゜;)ヾ(-_-;) オイオイ...たった三週間だぜ)

そこで
禁煙を誓って次の記事では失敗報告を繰り返している方に私なりの提案なんです。(たった三週間で偉そうに言える立場ではないし、いつ私が吸ってしまうか解らないのでヾm(_ _*)mゝ 生意気にごめんなさい)

禁煙を誓う。→失敗。これは同じ人間の仕業ですよね。つまり私たちの心の中には、悪魔ちゃんと天使ちゃんがいるんですよね。
続かない方のBlogには、禁煙を誓う。→失敗の間の過程が無いか、あっても少ないような気がするんです。その激しい気持、「吸いたくて吸いたくて自分がどんなに苦しいか」を記事にしてみるというのはどうでしょうと強く思うのです。
先日の記事「もう一人の自分」に関連しているのですが、
このどうしようもない気持を記事に書くということが、とりもなおさず、「吸っちゃおうぜ」と誘うもう一人の自分の気持を聞いてあげることだと思うのです。
書いてるうちに、なんだか落ち着いてやり過ごせるような気がするのですが、どうでしょうか?

折角ここで繋がった人たちと一緒に行きたいです。




posted by トマト at 11:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | タバコを吸わない

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。