2006年03月21日

止めれないはずでは?

私の場合、
今まで、何回か禁煙をしてきましたが止めれなかったのですが、
その根底には止めれない物という先入観が有ったような気がします。
ですから丸一日たたないうちに襲ってくる禁断症状にすぐに降参していました。
どんなにタバコを無い環境にしてもそれは無駄でした。どんな嵐でもどんな真夜中でも車がない時は歩いてでも買いに行っていました。

ですから
今回私は、タバコは吸いたければありますよ
ということで始めました。
私の場合ですが、このことは最も重い禁断症状を耐えている時は効果があったような気がします。
禁煙を始める前にタバコを捨てないと捨てるではどう違うのでしょうか?

タバコを捨てない場合

   1、自販機の前を通るときが楽。家にあるんですものね。
   2、「買いに行こうか、行くまいか」は考えなくてよい
   3、「吸おうか、吸うまいか」の葛藤のみになる。

タバコを捨てた場合
   上の3つすべてを我慢しなければならない。

ただ、この場合の欠点は無意識の喫煙があるんですよね。私はやっちゃいましたヾ(´▽`*)ゝ エヘヘ
一週間くらいが経過してだいぶ禁断症状が軽くなって、タバコのことを忘れる瞬間が訪れてきたら、タバコを捨てた方がいいと思いました。    

今でも、タバコを吸わないでもいいことが不思議な気がします。
タバコはコーヒーに先立って吸っていましたので、コーヒーの味がちがうのです。つまり美味しいと思っていたあのコーヒーの味ではないわけです。
そんな訳で、コーヒーも減ってきました。
タバコとコーヒーで覚醒していたのにそれ無しでも、あまり眠れないってどうゆうことなんでしょうか?
つまりニコチン大魔王の作戦は、不眠にして、その結果、疲れきって朦朧とさせた頭に
「タバコ吸うと楽になるよー。目が覚めるよー」
と喫煙をせまっているの
でしょうか。なかなか敵ながらアッパレです。
2006-3-21
卒煙式を設置させていただきました。
posted by トマト at 07:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | タバコを吸わない

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。