2006年02月22日

片目が一時的に見えない

朝いつものように起きて先ずはタバコを吸う。そしてコーヒーをすすりながら、インターネットをしようとしていたとき、
いつも、視力が弱い方の目が、初めは内側に赤みがかったグレイの丸が半分位現れて、なんだかぼぅっとしているのです。目をこすったりしたのですが、どんどん広がって、遂には外側に一本光の筋を残して全く、見えなかったのです。右目は普通に見えたのですが。その時はやはり焦ります。人間も何かの緊急時には、とっさに目をかばいます。
目は人間にとっても最も大切な物だ他思います。
生物が生まれる時も、一番先に現れるのは目ですよね。心臓よりも早い?様な気がします。もし障害を持ったとしたら、目が一番困ります。
歩けないより、しゃべれないより、聞こえないより、手が不自由より、やっぱり一番辛いと思います。
その大切な目が一時的荷であれ見えなかった。非常に長く感じたのですが、だいたい30秒くらいだったかもしれません。
ほんとうに恐怖でした。見えないという人はこんな感じなのでしょうか。

ネットで色々と調べえました。
一時的に片目が見えなくなる。。。。脳梗塞の前兆、早めに医師の診察を受ける。
としか載っていない。あああああ
早目というとどのくらい早めなのか。一刻の猶予もならないのか?
一週間くらいか?
とりあえず家の中をなんとか片つけないと、いけません。ここが主婦の辛いところ。
今まで、
「それは今日ではない」
と思い続けてきたことが、突然降りかかってきた。

そして何よりも禁煙しなくてはならないと思った。
posted by トマト at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | TIA

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。